むちうち症


交通事故による怪我の中で、たくさんの方を苦しめているのがむちうち症です。事故の程度や状況に関わらず、ご自身では軽い事故だと思っていたとしてもむちうち症を負ってしまうことが御座います。
一般的な治療だけでは思ったように改善せずにいつまで経ってもつらい症状が続いてしまうことも御座いますので、お早めに目黒区柿の木坂のあい整骨院へご相談ください。

原因を見つけ出すのは難しい?

むちうち症は後遺症が残りやすい怪我だと言われておりますが、それは症状の本当の原因を見つけられていないということが問題だと思います。
目に見える形で傷が出来るわけではないですし、レントゲン検査などをおこなっても骨には異常が見られません。そのため最適な治療を受けられずに後遺症につながってしまうのです。
目黒区柿の木坂のあい整骨院では、柔道整復師という専門家の「手」による検査にて微妙な骨格のズレも見逃さずにむちうち症の原因を探りだしていきます。

早めの治療が重要なポイント

むちうち症を早期改善させるために重要なポイントとなるのが早めに治療を開始するということです。
時間が経過すればするほどに症状はひどくなり、治りづらい状態になってしまいます。
少しでも普段と異なった感覚があれば目黒区柿の木坂のあい整骨院へご来院ください。


スパイラルテーピングの あい整骨院


住所
東京都目黒区柿の木坂1-17-13
交通
東急東横線・都立大学駅 徒歩3分
代表者
湖山 隆介
TEL
☎︎03-6326-8240


受付時間日祝
午前9:00〜12:30
午後2:30〜8:00〜6:00


a:630 t:1 y:0