スパイラルテープ

s-tape.jpg

スパイラルテープ

スパイラルテーピング療法とは?
身体のアンバランスによっておこる関節や筋肉の腫れ・痛みなどに対して、スパイラル(らせん・渦巻き)状のテーピングを施すことにより、身体全体のバランスを無理なく整え、痛みを軽減もしくは消失する施術方法です。このテーピングを貼るための様々な検査方法があり、ひとつの痛みをとる場合でも、何種類も方法があります。痛いところに貼ればいいという単純なものではなく、痛みがどこからきているのか、 検査を行うことが基本的な考えになります。



auto_5ges3i.JPG
OT-105
この検査機器を用い、身体のどの部分に不調をきたしているのか、またそれらに対して
最適と思われる治療方法を判断するため、さまざまな検査を行います。


画像の説明
らせんのテープが人体の気流を整え、人体がもつ自然治癒力を高めます。
人体の筋肉と筋肉のバランスをとっているポイントを線でつなげてみると、
らせん状=スパイラル状になっていることが分かります。このバランスが歪んだり崩れたりすると痛みを伴ったり、だるくなったり、カラダの不調の原因に・・・。
スパイラルテーピングは、皮膚の神経を通して脳へ信号を送り、全体のバランスを自然にとって、痛みを和らげていきます。スパイラルテープには、薬剤が塗ってあるわけではなく、ゆがみをとるためのサポート役なので、副作用や後遺症がなく安全な治療法です。
テープを貼付することによって、脳に対し身体のバランスのとれた良い状態を記憶させ、痛みを軽減・消失させますが、長い間痛みを我慢していた場合は、良い状態を脳に記憶させるのに多少時間がかかりますので、初期は、継続的に通院されるほうが良い結果が得られます。

intro_image02.jpg
同じ部位の痛みでも十人十色。だからスパイラルテーピングも何万通り。
スパイラルテーピングの専門の治療家は必ず、おひとりずつ基本的な検査をします。その結果、あなたに一番良い治療の方法を見つけます。スパイラルテーピングの方法は何万通りもあるので、あきらめず治療を続けてください。必ずお役に立てると思います。

施術の流れ

問診・触診・視診


待合室で問診票に記入後、
お話を伺って、過去のお怪我や痛む場所の確認などを行います。

  矢印2

スパイラルテーピングの検査


スパイラルテーピング専用検査機器で、あなたの現在の
お身体の状態を確認します。

  矢印2

スパイラルテープ検査説明


検査結果を基に、現在のあなたのコンディションに適したテープの処置法を決めます。

  矢印2

スパイラルテープを貼っています。膝の痛み
スパイラルテープを貼っています


テープを貼ることで今まであった痛みが軽減するか、
ひとつひとつ確認しながらテープを貼っていきます。

テープを貼ったままお風呂に入って構いません。

治療初期はテープを貼ることで身体に良い状態を定着させる必要があるため、症状により異なりますが、2~3日に1回くらい治療を受けることをおススメします。


施術経過について

offer001-t.png

offer001-b-mobile.png




スパイラルテーピングの あい整骨院


住所
東京都目黒区柿の木坂1-17-13
交通
東急東横線・都立大学駅 徒歩3分
代表者
湖山 隆介
TEL
☎︎03-6326-8240


受付時間日祝
午前9:00〜12:30
午後2:30〜8:00〜6:00


a:3902 t:2 y:2