足底筋膜炎


足底筋膜炎とは足底筋膜と呼ばれるかかとの骨から足指の付け根まで膜のように張っている組織が炎症を起こし、小さな断裂を起こした状態です。
多くはかかとの骨の前あたりに痛みを起こすことが多く、朝起きて足に体重をかけた時に痛みを感じますが、歩き始めた後は一時的に解消します。
しかし、歩いたり走っている最中にも痛みが出ることもあり、ダンサーやランナー以外にも長時間立ちっぱなしの作業をする方、デスクワークで運動不足の方、足が冷えやすい方などにも起こり得ます。
レントゲンを撮ると骨の突起(骨棘)が見られることもありますが、突起と痛みの因果関係は、まだはっきりしていません。

5本指ソックスに注意

足底筋膜炎は足裏にストレスがかかりやすい状況が続き、ストレスが繰り返しかかることで膜組織にひびが入り組織が部分断裂し炎症を起こします。
足裏にストレスがかかりやすい状況とは、使いすぎや普段の歩き方、走り方、立ち方以外に運動不足、足の冷えやむくみで足裏の組織が硬くなった状態での歩行が原因になったりします。

5本指ソックスをピッと強く履いてしまうことで5本の指が反ってしまい、着地の時に指が使えず足裏の足底筋が張ってしまいます。5本指ソックスを履くと指が分離してしまうので、過緊張が起こり足裏が張って、動きも落ちます。
もともと足の指は物を掴むようには出来ておらず、バランスを取るためにあるので指を強制的に開いて使うと筋組織も疲労しやすくなり、足底筋膜炎の原因にもなります。足袋は問題ありません。

身体全体のバランスを整えます

病院や整形外科などで非ステロイド系抗炎症剤や湿布薬、かかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用し、痛みが強くなると局所麻酔剤の注入や消炎鎮痛剤を内服する治療方法もありますが、目黒区柿の木坂のあい整骨院では、根本改善のためにスパイラルテーピング療法にて身体全体のバランスを確認し、身体のバランスを整えることで足裏にストレスがかからない身体の状態を作ったり、歩行指導や自宅で出来る簡単な運動療法などを処方し痛みを改善させていきます。

そのような治療をする理由は痛みがある部分だけを治療して良くなったとしても、一時的なもので、身体のバランスが悪いままだったり体の使い方が間違っていると再び足裏にストレスがかかり痛みが出てしまうため、身体全体を総合的に診ていくことが大切だと考えているからです。


offer001-t.png

offer001-b-mobile.png




スパイラルテーピングの あい整骨院


住所
東京都目黒区柿の木坂1-17-13
交通
東急東横線・都立大学駅 徒歩3分
代表者
湖山 隆介
TEL
☎︎03-6326-8240


受付時間日祝
午前9:00〜12:30
午後2:30〜8:00〜6:00


a:1041 t:1 y:0