鵞足炎


膝下の内側の痛みで、ジョギング、長距離走、サッカー、バスケットボールなどで行われる繰り返しの動作で発症しやすい障害です。
硬い路面(コンクリートやアスファルトの道路など)を走る、急な方向転換をする、重心の偏りがあり踵の内側で着地する傾向がある(X脚)、ハムストリング(太ももの裏側の筋肉)の柔軟性の低下なども発症の原因にもなります。

腱鞘炎のようなもの

膝の内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋、半膜様筋という4つの筋肉がまとまって膝下の骨の一部分に腱になって付着しています(この部分を鵞足をといいます)が、そのうち膝の内側と裏側から回ってきて膝下の骨に付着する筋肉(薄筋、半腱様筋、半膜様筋)は膝が伸びた状態で緊張します。

これらの筋肉(腱)と骨との間に風船をつぶしたような袋があり、袋にはわずかな液が含まれていて、これを滑液包といいます。通常は骨と腱との摩擦を緩和するためにありますが、ランニングなどの膝を伸ばしたり曲げたりの反復や、疲労の蓄積などで腱自体の柔軟性がなくなってくると、腱と滑液包が摩擦を起こしやすくなり滑液包が炎症を起こします。一種の”腱鞘炎”のようなものと考えてよろしいかと思います。

体のバランスを整え柔軟性を回復させる

鵞足部分の腱は骨盤からずっとつながってきていますので、骨盤のゆがみなども鵞足炎の原因になり得ます。また骨盤は肩甲骨との関係も深いため、肩甲骨の位置、腕の振り方、肩部の状態とも相関関係があります。

ですので、膝の一部が治ったとしても、全体のバランスが崩れていると、体の使い方がくるい、再び痛みを起こします。
目黒区柿の木坂の、あい整骨院ではスパイラルテーピング療法により身体全体のバランスを整え、筋肉の柔軟性を回復させて、早期回復を目指します。


offer001-t.png

offer001-b-mobile.png


スパイラルテーピングの あい整骨院


住所
東京都目黒区柿の木坂1-17-13
交通
東急東横線・都立大学駅 徒歩3分
代表者
湖山 隆介
TEL
☎︎03-6326-8240


受付時間日祝
午前9:00〜12:30
午後2:30〜8:00〜6:00


a:913 t:1 y:0