足裏の痛み 足指の痛み

夏の始めの頃、足のウラの指の下あたりが痛くなってきました。歩くとちょうど力がかかり当たる所なので我慢して歩いていました。そのまま1ヶ月位経った頃、治療に行った時、先生にそのことを話してみました。先生は「身体が前かがみになっていて、重心が前(つま先側)にいってしまっているかもしれませんね」とおっしゃって、上体が起きるように・・と背中にテープを貼ってくれました。

すると、立った時の足ウラの感覚が変わってきました。今までは立つと、足のウラの痛い所に体重がかかっていたのですが、テープを貼ったらカカトに体重がかかるようになりました。同時に背中、腰、ふくらはぎの力が抜け、楽になっていく感じも受けました。「本来、カカトに重心が来てまっすぐ身体が起きていれば楽に立っていられるのが、重心の位置がずれていたので身体のあちこちに力がかかっていたのでしょう」と先生はおっしゃっていました。

痛い所に体重がかかることがなくなったので、立っていることも歩くことも楽になり、また全身の無駄な力が抜けた分、長く歩いても疲れなくなり「バス停、もう1コ分歩こうかな」と歩くことも楽しくなってきました。

背中にテープを貼ってもらっただけで、前かがみだった姿勢が直り、全身が楽になったのです。「あい整骨院」にお世話になって、かれこれ4年程経ちますが、何年通っても「テープを貼っただけなのに・・」という不思議で身体が楽になる体験に出会います!!

足裏の痛み
※全て個人の感想であり、効果には個人差があります。


こちらにもたくさんの患者さまの声を紹介させていただいております。



a:5 t:1 y:0