スパイラルテーピング療法について

スパイラル・テーピングは、体のバランスが崩れている時、そのバランスを取り戻すためのものです。

身体のアンバランスによっておこる関節や筋肉の腫れや痛みなどに対して、スパイラル(らせん・渦巻き)状にテープを貼付することによって、身体全体のバランスをすみやかに、しかも無理なく整える施術方法です。

一般的に「テーピング」というと、関節や筋肉等の保護・固定を目的としたいわゆるスポーツ選手が行っているようなものをイメージする方も多いでしょう。

しかし「スパイラル・テーピング」は、スポーツ選手が行っているような、固定を目的としたテーピングではありません。

スパイラル・テーピングは、皮膚感覚器を介して身体のバランスを調整する「東洋医学のツボ刺激」による、独自の発想に基づいています。
スパイラル・テーピングでは、テープを貼ることによって、脳に信号を送って痛みを和らげていきます。

テープを貼ることによる皮膚への刺激が、求心性神経(知覚・感覚神経)に作用して脳に情報を与え、脳から指令を受ける遠心性神経(運動神経と自律神経)に作用し、体をより良い状態に導いていくのです。

つまり、感覚器に作用させることにより、刺激が脳に伝達されてバランスをとり、筋緊張を緩和させて体の歪みを解消するのです。
針治療と同じく刺激療法であり、副作用や感染症、後遺症がなく極めて安全な治療法といえます。

ただの布製粘着テープを貼るだけで即座に効果が表れる・・・
信じられない人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、スパイラルテープは奇跡のテープでも何でもありません。

スパイラルテーピングは、人体の仕組みを根本から解明し、その上で経験と実績に基づいた科学なのです。
頚、肩、背中、腕、手、腰、股関節、足、膝、足首・・・あらゆる痛みを解消いたします。

(スパイラルテーピング協会HPより抜粋)

本にも紹介されました


a:5 t:1 y:0